読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガタガタ鰯太郎A

〜鰯太郎Aは二度死ぬ〜

オスマン帝国

日記

眠れないので、オスマン帝国に関するweb上のテキストを読んでいた

なんだか、オスマン帝国はすごい

 

領土の拡大、縮小を繰り返しながらも、600年近く続いている

西は地中海、エジプト、東はインド、モンゴル、北はロシア、どことでも戦っている

広すぎるだろうオスマン

 

ある時期から、皇帝が即位する際に後継者問題が起きないよう、兄弟殺しが法令化された

法令って。

 

皇位継承者である皇子を幽閉しておく、黄金の鳥籠と呼ばれる部屋が作られた

これも世襲された

世襲って。

 

殺しまくってしまった結果、皇位継承者が全然いなくなってしまった(当たり前だ)

そんなこんなで、大変問題があるイブラヒム皇帝が即位してしまう

案の定、側室や宦官を280人を袋詰めにしてボスポラス海峡に投げ込んた

袋詰って。

 

近現代にも狂った指導者はたくさん居た

例えばヒトラースターリンポルポト、彼らはイデオロジカルに狂っている

まあ、それも恐ろしいのだけれども、イブラヒム皇帝のイカれ方はちょっと質がちがう

なんというか「思い立ったが殺日」といった感じで、別に理由とか無さそう

それが逆にヤバい

即位当初は慈悲深く貧しい人々を助けるために務めた、という記述も、余計こわい

 

この事件がきっかけで人心を失い、イブラヒムは廃位されて殺された

そのあたりは、オスマン割りとマトモな感じもする

 

皇位の継承にまつわる強烈な逸話が目立つ一方、懐の深い社会でもあったらしい

降伏したキリスト教の騎士らを再登用して軍に組み込むなど、出自にあまりこだわりがなかったようだ

使えるものは使う、ということだろうか

 

キリスト教は異教徒に対する害意が強いイメージがある

オスマン帝国は、イスラム教という枠こそあれど、比較的寛容だったらしい

 

 

よくはわからないが、オスマン帝国なんかすごい