読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガタガタ鰯太郎A

〜鰯太郎Aは二度死ぬ〜

風が吹いたらIKEAが儲かる

 団長が「満を持してあのチャーハンを食いに行くズラ」というようなことを呟いていて、一方俺は慢性中華料理中毒の禁断症状がピークに達していた。二人の気持ちがシンクロナイズしてハーモナイズした。炒めた茄子が食いたい。武士も食わねば低楊枝。ブツブツ言いながら、キッチンのごま油を虚ろな目で見つめている。こんな生活とはさよならしなければ。

 そんで、さっそく「起きれたら俺もチャーハン食いたい」と@を飛ばす。「OK」との返信。やったぜ。新雪園のチャーハンだ!

 団長とは8年ほどの付き合いになるが、未だによくわからない生物だ。団長は、風邪を引くとナゲットが食いたくなると言う。俺は、菜々緒を見るとお腹が痛くなる。因果律に歪が生じている。

 チャーハンを食いながら、俺はIKEAのことを考えていた。(完)