読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガタガタ鰯太郎A

〜鰯太郎Aは二度死ぬ〜

ガタガタ言ってる

 終わらない夢を見ていた。終わらないのだから、夢かどうかわからないではないか。という意見もあるかもしれないが、おれ自身はこれが終わらない夢だということを知っていたし、僕が知っているということが何より確かな証拠になるのが夢だから、あれは終わらない夢だったに違いない。

 フィクションでは、精神だけが他人の身体に乗り移るということがよくある。でも、他人の肉体に乗り移った精神が、乗り移る前と現在を、統合された連続的な記憶として保持できるということはあり得ないのではないか。

 ユクスキュルが記した通りに、主体をとりまく環世界の様相を決定しているのが主体の感覚器官の方だとすると、精神が別人に乗り移った時点で、乗り移る前の環世界から切り離されてしまうことになる。すると、乗り移る前の人格や記憶、考え方自体を想起できなくなってしまうと考えるのが自然だ。

 OSが違うとアプリケーションが起動しない、みたいな話とほとんど同じだと思っていて、仮に記憶が残っていたとしても、それは再生不可能なゴミデータのようなものになるだけ、ということだ。

 案外、寝ている間に見る夢の一部は、以前のおれの身体に合わせてコンパイルされた、人格のゴミデータだったりするのかもしれない。怖い。

広告を非表示にする

2016年3月

 2016年3月は引きこもり同然の生活をしていて、あまり外に出ていない。外出の機会は病院へ着替えを届ける時くらいで、平日の昼間に都内の南側から北側に向かう間、渋谷、新宿、池袋の様子を順繰りに眺めていると、妙な気分になってくる。何が妙か、というのは上手く説明ができない(別に妙でもないのかもしれない)。

 入学も卒業もしないから、生活に全然3月っぽさが無いのだろう。

f:id:gugunso:20160330113202j:plain

 

 

Crystal gods / Starship Amazing

 

 

wet dreams / still waters

 

Stay Close / Delorean

 

広告を非表示にする

本日の名文

news.livedoor.com

 

 こういったゴシップ系の記事を書いている人間の心には、最終段落に何か気の利いたことを書かなければならないという内圧のようなものがあるのだと思う。本当に気の利いた一文に仕上がっていることはまれなのだが、このライターは実に良い仕事をした。

だが、“シャキン”と切られた被害者の性器も、そして小番被告の犯した罪も決してリセットされることはない。スキンヘッドだった小番被告の髪の毛だけが伸び始めていた。 

 この独特の、しょうもない余韻がお分かりいただけるだろうか。

広告を非表示にする