読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガタガタ鰯太郎A

〜鰯太郎Aは二度死ぬ〜

接続詞と論理の捏造

日記
一昨日から、普段と異なるものの書き方を試している
「蟹に誘われて」に収録されている文章の形式を参考にした
読んだ後に不思議な余韻の残る、素敵な文章だ

書く人間が違えば当然、語彙も着眼点も帰結も違う
だからお手本の文章とこれは、全然似てはいない
しかし、内容が似ていないのはどうでも良いことだ
他人の形式を模倣すると、いつもは使わない脳の部分を刺激する
それが重要だ

まず、接続詞を使うことに注意深くなった
接続詞を使うと、文章が「馴染む」ように錯覚していたかもしれない

次に、すらすらと書くことができる感覚がある
短く書こうとするからか、注意が今書いている一文にだけ向くように思う

多分、僕の頭の中で渦巻いていることの大半は、全く論理的でない
だから、接続詞を使おうとすると齟齬が生じてしまうのだ
今、まさに考えていることは、常にしっちゃかめっちゃかだ
それを記録しようという時に、うっかり前後の繫がりを捏造してしまう
その作業に演算能力を割いていると、筆(筆?)が進まない
そういう仮説を立てている


早速、前段とは関係のないことを書く
「ご冗談でしょう、ファインマンさん」を読み終えた
(今日、一人称が「僕」なのはそのためである)
ロスアラモス時代を回想する章の終盤が、特に素晴らしい
僕が「リアルだ」と感じる表現のひとつの例なった
青鬼の褌を洗う女、母の死に際してパチンコ屋で彷徨する夜、さくらまなのセックス
これらに共通する要素について、いずれ落ち着いて考えよう