読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガタガタ鰯太郎

〜鰯太郎は二度死ぬ〜

私たち結婚しました

漫画
今週から、スピリッツですごい漫画が始まっていた。タイトルは「私たち結婚しました」
f:id:gugunso:20160530032405j:image
この1ページ目で度肝を抜かれた。いい。すごくいい。
f:id:gugunso:20160530032606j:image
踊りましょう!ああ!踊ろう!ダイナミックである。
f:id:gugunso:20160530032724j:image
誌面をはみ出しそうなこの躍動感。ルパンのオープニングを彷彿させる。ジャジーだ。

全然意味わからなくて最高です。

レコード001 Abbey Road

レコード
最近はアナログ盤が結構出ているらしくて、ちょっと気になっている。レコードのプレスが追いつかないところもあるそうだ。

うちの親父は昔レコード会社に勤めていたので、当時の見本盤や親父が個人的に買っていたレコードがいまだに結構残っていて、今もちゃんと動くレコードプレイヤーがある。

耳が鈍感なので、個人的にはアナログのあたたかみってやつはイマイチわからないし、イコライジングの流行り廃りなんじゃねえの?と思ったりもするけど、針を落とす時のノイズとか、33を45にするとピッチが上がったりするところは原始的で面白いなあと思う。ジャケがでかいのも良いよね。

そんな感じなので、生まれて初めてアナログ盤を買ってみた。
f:id:gugunso:20160425145342j:image
多分世界一有名なジャケットだろう。ポールのセンスが炸裂した一枚だと思う。Maxwell's Silver Hammer、Golden Slumbersが特に良い。ベースがエグい。

レコードマニア達の間では、音圧が良い盤とか、プレスによって音が違うみたいな話もあるらしい。普段聴き用と、此処ぞという時用の盤を複数持っている人なんかもいるみたいで、なんだかときめきメモリアル然とした凄い世界だ。

ガタガタ言ってる

妄想

 終わらない夢を見ていた。終わらないのだから、夢かどうかわからないではないか。という意見もあるかもしれないが、おれ自身はこれが終わらない夢だということを知っていたし、僕が知っているということが何より確かな証拠になるのが夢だから、あれは終わらない夢だったに違いない。

 フィクションでは、精神だけが他人の身体に乗り移るということがよくある。でも、他人の肉体に乗り移った精神が、乗り移る前と現在を、統合された連続的な記憶として保持できるということはあり得ないのではないか。

 ユクスキュルが記した通りに、主体をとりまく環世界の様相を決定しているのが主体の感覚器官の方だとすると、精神が別人に乗り移った時点で、乗り移る前の環世界から切り離されてしまうことになる。すると、乗り移る前の人格や記憶、考え方自体を想起できなくなってしまうと考えるのが自然だ。

 OSが違うとアプリケーションが起動しない、みたいな話とほとんど同じだと思っていて、仮に記憶が残っていたとしても、それは再生不可能なゴミデータのようなものになるだけ、ということだ。

 案外、寝ている間に見る夢の一部は、以前のおれの身体に合わせてコンパイルされた、人格のゴミデータだったりするのかもしれない。怖い。